工務店に仕事を頼む前にこれは知っておきたい!工務店のよくある疑問を解決

住宅を建てる時に工務店に依頼しようと考えている方は依頼する前に経営状況の確認をしましょう。
担当者と打ち合わせをしている時に、ちゃんとメモを取っているかも重要です。
疑問に思ったことに誠意をもって回答してくれるところがもっとも安心して依頼できるので、チェックする必要があります。
わからない質問があった時には調べて後日回答するなどの対応をしてくれると信頼できます。

工務店に仕事を頼む前にこれは知っておきたい!工務店のよくある疑問を解決

工務店に仕事を依頼する前にやることは、工務店の経営状況の確認です。
直接聞くわけにもいかないのですが、ひとつの確認方法として工務店が完成保証を利用できる会社であるかということです。
建て主と話し合いをしていくわけですが、話の内容を記録していないと、言った言わないとトラブルになりかねないです。
きちんと取り決めたことを残してあるかも確認する必要があります。
建て主が工務店に対して疑問があることを質問した時に、適切に回答されているかも重要なポイントです。
あいまいな回答であったり、わからない質問に対して、調べて後日回答しますなど誠意をもって対処してくれるところを選ぶといいです。

すべての作業を一貫して行うのが工務店の強み

住宅を取り扱う不動産会社の中には、営業や設計だけは自社で行い実際の施工は下請けに任せるパターンがあります。
下請けに任せるタイプは一般的であるため、この仕組みに対し疑問を感じる人は少ないかもしれません。
しかし販売と施工した会社が別であると、さまざまな問題が発生します。
具体的には欠陥住宅であった場合、販売した不動産会社と施工した下請けの間で責任の擦り付け合いが始まり、施主が泣きを見るパターンはよくあります。
欠陥住宅ほど大きなトラブルではなかったとしても、責任の所在があいまいだと解決まで時間がかかるので、施主への負担は大きくなるでしょう。
一貫施工している工務店は、営業から施工まですべてを自社で行っています。
下請けに任せず自社で営業も施工もしている工務店なら、トラブルが起きたときも解決まで迅速です。
一部には下請けに頼む工務店もあるものの、安心して家づくりを任せられるので一貫施工の工務店はおすすめです。

工務店の見積もりは無料なので積極的に利用するのがお勧め

工務店というと職人が働いていて一見すると近寄りがたいイメージですが、実は相談しやすく頼りになるのではないでしょうか。
頼りになるといえば、工務店は見積もりを無料で行っていますから、積極的に話を聞いてもらいプランの提案と費用の算出をしてもらうのが正解です。
工務店は要望通りの家を建ててこそですから、相談しにくいイメージで誰も見積もりを依頼しないとなると困ります。
その為、地域密着型のイメージに加えて、顔が見える情報発信で相談しやすいイメージを醸成しているところが多いです。
工務店はコストを追求できたり、経験に基づくアイデアを武器としているので、家づくりの話をする相手に適しています。
折角家づくりのプロに相談が行えるわけですから、無料のチャンスを逃す手はありませんし、むしろ複数の会社に費用を提示してもらい、比較検討して絞り込みや最終候補の選定を行うのがベストではないでしょうか。

工務店はリフォームの提案なども行う

工務店は注文住宅を依頼するところであると考えている人も多いのですが、その他にも細かなリフォームやリノベーションなどを行っているところもあります。
工務店の中には比較的小さな規模で経営をしているところもあるため、これらの場合にはなかなか大口の注文住宅のような仕事が少なく、細かなリフォームなどで利益を上げていると言うところも多くなっているのが実態です。
このような工務店では、いろいろな経験を持っているので住宅に合わせて最適な提案をしてくれるところも多く、また細かな点への配慮も行うことが多いので安心して依頼できるところが多いのが特徴です。
専門店などの場合には様々なメーカーと提携しているケースがあり、その自由度が少ないことがデメリットとなりますが、工務店の場合には建築作業などは得意としているところが多いため、希望に合わせて様々な提案をすることが多く、その中には依頼主が意識しなかった利便性の高いものが含まれていることも少なくありません。

工務店は工事内容に伴う各種保証を用意している

工務店は注文住宅において各種保証を用意しています。
それらは利用者が安心して依頼出来るように作られていますが、工務店ごとに違いがある点には注意が必要です。
全ての工務店には新築住宅について10年間の瑕疵担保責任が課されています。
これはのちに隠れた欠陥が見つかった際に無料での修理が行われるものです。
ただ、瑕疵かどうかについての判断には難しい場合もあり、利用者の責任での故障は保証の対象外になってしまいます。
雨漏りなど明らかに工務店側の責任と判断出来るものは保証の範囲内です。
このようにやや限定的な内容になっているのも特徴です。
各種保証の中には有料で追加出来るものもあります。
基本的に10年を超える保証は有償になっているのが一般的です。
長く住むにあたってはそれらを利用することも考えられます。
当然ながらコストが増えることには気を付けておく必要があります。
サービスが充実していれば低コストで付与することが出来ます。

工務店に仕事を依頼する際にお気に入りのメーカーの商品を採用してもらえる?

これから建てるマイホームには、お気に入りの設備を導入したいものです。カタログやショールームなどを見て気に入ったシステムキッチンやユニットバス、トイレなどを導入すれば、それだけ理想的なマイホームに近づくでしょう。しかし住宅に採用できる各種設備は、施工する会社によっては自由に決められないケースもあります。たとえば一部のハウスメーカーでは採用できる設備のメーカーが決まっていて、選択肢が限られてしまいます。これではお気に入りの設備をマイホームに導入できない可能性があるため、家を建てるときには事前に採用できるメーカーを確かめておきましょう。自由な家づくりができる工務店では、採用できるメーカーに縛りがないパターンが多くあります。縛りがない工務店なら気に入っている商品を採用できるので、システムキッチンやユニットバスなどを自由に選ぶことが可能です。こだわりのマイホームを作りたいなら、自由度の高い工務店を選びましょう。

工務店の仕事現場を見学することは可能?

自宅を建設する上で依頼先となる企業を選ぶ必要がありますが、選べる種類として工務店があります。依頼する店舗を見つけて契約することで初めて家の建設がスタートしますが、気になってくるのが工事されている現場です。実際に自分だけでなく家族が生活する家となるので、出来れば工事途中の作業状況を確認したいという人は多くいます。実際に工務店に依頼した上で仕事現場の確認自体は、問題なく行う事が可能です。工事の内容によっては危険な作業も多くあるので、事前に行く事を伝えておくとよりスムーズに仕事をしている現場を見学さえてもらう事が出来ます。家を建てる上で職人の方の1人1人の技術だけでなく、仕事に取り組む姿勢なども重要です。誠実に仕事に取り組んでいるかどうかは、現場を確認する事で把握する事が出来ます。安全で正確な仕事をしている姿を見る事で、より信頼をもって家つくりを任せる事が出来ます。契約前に仕事の現場見学が出来るかどうかは、事前に確認しておくという方法も有効的です。

工務店の丁寧な職人技は簡単に真似できない高等技術

街の工務店に依頼するメリットの一つには、丁寧な職人技を持っていて、それが他では真似できない高等技術だったりする場合があることです。住宅などでは木造建築を常にしますが、既製品にはなく暮らす人の生活に適合した住宅仕様にしなければならないケースがあります。 既製品で販売されていないことは、急ごしらえで造り上げる必要性があるので、それは紛れもなく職人技を要することに繋がるのは言うまでもないです。工務店の看板を掲げている場合、そのお店には職人技を持った方がいるケースがあり、こうした方は重宝されることも多くなります。 意外と住まいのちょっとしたことを依頼したいケースがあり、それは大手の建設会社には依頼しにくい場合もあるからです。もちろん高等技術にはその良さは暮らしていく中で分かってくるもので、見た目だけではない機能性を持っています。 工務店に依頼する場合には、こうした得意分野を持つことが多いので、それを調べてみて依頼することは優れております。

工務店には独自の技術や得意分野がある

工務店は街中の建築屋として機能している存在ですが、看板を掲げて営業している以上、住まいのことに関して技術を持っていたり得意分野が存在すると言えます。営業を展開することは、顧客が存在してニーズがあるからで他ではできないことを行うことができる強みがあるのは過言ではないです。 工務店の経営は家族であったり、小回りの利いた零細で営まれているのが多いですが、大抵は住宅一軒を建てることができます。もし自分が得意でない分野があれば、人脈も存在するのでその伝手を使って依頼するなどして住宅を建てることも可能です。 もっとも工務店の得意分野には水廻りに強みがある、外構工事に定評があるなど、住宅の一部分のケースとなるのはよくあります。ただこうした水廻りや外構は、よく住宅を建ててからでもリフォームされることも多いので、それだけでも技術によっては強みになるケースも多いです。 工務店も請ける件数が多ければ多いほど技術の向上を果たすことに繋がり、それによりさらに依頼も多くなる傾向があります。

工務店は予算内で収まるプランニング力が武器

ハウスメーカーは、大手の企業が一般的で工場内での大量生産や規格品を採用することでコストを削減する効果などを期待できるメリットがあります。同じような仕様の家を建てることができるなどの強みがありますが、間取りプランなどはある程度決まっていて、そのプランの中から好みの家を作るスタイルになるのでオプションを追加すると予算オーバーになることもあるなど注意が必要です。これに対して、工務店は完全フルオーダー方式の注文住宅になるので、最初に予算をしっかり決めてその範囲内で家づくりを依頼することが重要です。工務店はハウスメーカーのように部材や建材などの大量生産などを行うことはできないので、コストはアップしがちですがプランニング力を持っているので2,000万円の予算でお願いしたいなど具体的な金額を伝えれば、その予算内で理想の家の設計図を書いてくれますし、利用する設備や建材などもいろいろなグレードの中から選択することが可能です。

工務店に関する情報サイト
工務店の魅力

住宅を建てる時に工務店に依頼しようと考えている方は依頼する前に経営状況の確認をしましょう。担当者と打ち合わせをしている時に、ちゃんとメモを取っているかも重要です。疑問に思ったことに誠意をもって回答してくれるところがもっとも安心して依頼できるので、チェックする必要があります。わからない質問があった時には調べて後日回答するなどの対応をしてくれると信頼できます。

Search